病院で身元保証人が必要な理由

病院で治療を受ける際に身元保証人が必要になる場合があります。
それは、入院や手術の時です。


どうして入院の時に必要になってくるのでしょうか。
病院によっては保証人としての区分に違いがある場合もあります。

身元保証の最新情報をご提供します。

生計を一つにしている同世帯の者は身元保証人となれないと決めているところもあるのです。


高額な医療費や入院費、手術代などが未納されてしまうことが多数発生していて医療費を支払ってもらえないことで経営の困難になっている病院が問題になっています。こういった問題点の増加から医療費をできるだけ確実に支払ってもらえるようにと身元保証人を求めるようになったのです。身元保証人が必要なケースは医療費未納の問題に限りません。

入院後に患者の容態が悪化するなどして意識を失った状態が長く続くといったことも考えられます。

そうなった場合に今後の医療行為の説明を行える人が存在していない場合、医療行為のための意思決定に齟齬をきたすことになるのです。



本来は患者に治療行為を納得してもらうインフォームドコンセントが必要なのですが、患者本人にそれが不可能な場合には身元保証人がその役割を代わって行わなくてはならないのです。


そして、もしも容態が悪化してしまって最悪のケースとして死亡した場合は引き取りのためにも必要とされます。
以上述べたような状況に対応することが求められるので保証人になる際には注意をしておく必要があり病院によっては身元引受人と保証人を別々の方にしてほしいというところもあります。