身元保証代行サービスとは

入院や手術などを行う時には、ほとんどの病院で誓約書に連帯保証人の記載が必要となります。しかし、近隣に親族がいなかったり、そもそも疎遠であるなどの理由で保証人を頼めない場合も少なくありません。

病院が身元保証人を求めるのは、医療費支払いの保証と、本人から話を聞けない場合に備えてのことです。


患者が病気などで意識を失ってしまうと、病院は医療行為に関する説明ができず、意思決定が困難となります。

身元保証の代行についての意見を伺いました。

病院としては、医療行為の説明を患者本人に代わり、保証人に説明することで同意を得なくてはなりません。
手術などにはリスクもあるため、納得しなければ治療を始められないため、代わりに保証人が患者の意思決定の代行を行います。



このように病院での入院時に必要となる保証人ですが、頼める人がいない場合には身元保証を代わりに行ってくれる会社や団体が存在します。近年になって数が増加していますが、中には高額であったりきちんとした保証人を用意しない会社もあるので注意しましょう。行政書士事務所でも身元保証の代行を行っていることがあり、法務手続きの専門家のため安心感があります。


特に、死後事務委任契約や遺言書といった法的な準備も依頼することができますので、入院時のサポートも万全です。
民間の身元保証代行サービスを行う会社・団体では、他に有料で生活サポートなどを行っていることもあります。



入院時は手続きや準備なども必要とするため、外出時の付き添いや手術の立ち会いなども頼みたい時に便利です。