入院時の身元保証人の代行について

万が一ですが、急な病気で入院することになってしまったら、あなたは誰か手続きしてくれる人がいますか?自分で手続きできるような病気や症状なら良いかもしれませんが、もしかしたらそうとは限りません。

誰かが自分の代わりに手続きを代行してくれる必要があります。

病院で一番に求められるのは身元保証人です。

当たり前ですが、病院にとっての一番のリスクは医療費がきちんと支払われないこと。

本人ができない時に支払いを代行してくれる人や、身元保証人になってくれる人が必要なのです。
さて、この役割は誰でもできるのか。
これは場合によります。


身元保証人とはいくつかの意味付けがあり、一つは前述の金銭的な部分の保証や手続きの代行といった後ろ盾になってくれる人。

これであれば、親しくしている友人や信頼できる人がいれば、何とかなるかもしれません。
ただ、現実難しいことは医療同意、特に手術や延命治療など医療行為の承諾に関すること。

最近気になった身元保証の代行情報をお探しですか。

これは、友人や知人ではそこまでの責任をもたせるのは困難です。
病院や福祉施設などでも、この点は親族に依頼していることが大半です。

ただ、医療同意に関しては、親族で順位付けや決まりがあるわけではありません。

あくまで本人の意志に基づいた手続きの代理行為と考えられますので、変な話親族の誰でもいいのです。

いざという時に保証となるのは、医療保険やお金はもちろん大切ですが連絡のつく人。
関係の良い身内こそが大切なのです。



そこが何よりの保証なのかもしれません。